蜂は、フェロモンによって行動をする

ハチ駆除業者

フェロモンについて

昆虫が体外に分泌することによって同種の別の個体に特有な反応を起こさせたり、情報の伝達をする化学物質をフェロモンと言っています。

雌が雄を誘引する「性フェロモン」は、よく知られていますが他にも集団を形成して維持するための「集合フェロモン」や「密度制御フェロモン」などが存在します。
昆虫フェロモンが最初に明らかになったのは、カイコガの性フェロモンでカイコガの学名である 「Bombyx mori」に因んで「ボンビコール」と名付けらたいきさつがあります。

蜂や蟻のように集団で生活をする社会性昆虫には、この他に仲間に敵が来たことを知らせる「警報フェロモン」、餌にたどり着くまでの道順を知らせる「道しるべフェロモン」、同じ巣の仲間を識別するための「巣仲間認識フェロモン」、女王以外のメスの卵巣発達を抑制する「階級フェロモン」などの存在が研究によって知られています。
社会性昆虫特有の行動を引き起こす役割を担っているのがフェロモンと考えられるよになりました。

性フェロモンとわ?
性フェロモンは、生物が性的な意図や行動を伝達するために分泌する化学物質です。フェロモンは主に同種の個体に対して作用し、種の繁殖や社会的な交流に関与します。以下に性フェロモンの詳細を説明します。

・定義と役割: 性フェロモンは、生物が性的な意図や情報を他の個体に伝えるために分泌される化学物質です。これらのフェロモンは、個体間の性的な引き付けや配偶行動、求愛行動、繁殖行動などに関与します。
・分泌と検出: 性フェロモンは、生物の体内の特定の組織や器官から分泌されます。例えば、昆虫の場合、セックスフェロモンは昆虫の体表や腺から分泌され、空中中で拡散します。同種の個体はこれらのフェロモンを検出し、性的な意味を理解します。
・効果と反応: 性フェロモンは受け取った個体の行動や生理的な反応に影響を与えます。例えば、セックスフェロモンは異性を引き寄せ、求愛行動を促進します。また、性フェロモンは繁殖行動や配偶行動のタイミングを調整する役割も果たします。
・生物の種による違い: 性フェロモンは生物の種によって異なる成分や機能を持つことがあります。例えば、昆虫のセックスフェロモンは種ごとに異なり、異性の引き付けや求愛行動に特化しています。
・応用: 性フェロモンの研究は、昆虫の害虫管理や農業、昆虫媒介病の制御などに応用されています。セックスフェロモンを利用して害虫の繁殖を抑制したり、農作物への被害を防いだりすることが可能です。

なお、人間においては性フェロモンの存在や効果は議論の余地があります。人間の性的な引き付けや行動は、複雑な社会的、文化的な要素によっても影響を受けやすい。

蜂と性フェロモンとの関連性
蜂は性フェロモンを用いてコミュニケーションを行います。以下に蜂と性フェロモンの関連性について説明します。

・種の識別と交尾: 蜂は性フェロモンを放出して、同じ種の個体と性別を識別します。雌蜂は特定の性フェロモンを発することで、雄蜂を引き寄せて交尾を行います。この性フェロモンは雌蜂の発情期に放出され、雄蜂の行動を誘引します。
・社会的なコミュニケーション: 蜂の社会性種では、性フェロモンがコロニー内のコミュニケーションにも重要な役割を果たします。女王蜂は特定のフェロモンを放出して働き蜂の行動を調節し、コロニーの活動や階級形成に関与します。また、働き蜂同士のコミュニケーションにも性フェロモンが関与しており、仲間を呼び寄せたり、行動を調整したりする役割があります。

威嚇や攻撃の信号: 蜂は性フェロモンを威嚇や攻撃の信号として利用することもあります。特定の状況や危険を感知した蜂は、性フェロモンを放出して近くの個体に警告を送り、攻撃の準備を行います。これにより、蜂同士の間で攻撃や防衛の情報が伝達されます。
蜂の性フェロモンは、種によって異なる成分や効果を持っています。それぞれの蜂の種類や役割に応じて、異なる性フェロモンが放出されることがあります。性フェロモンは微量で発することもありますが、蜂の行動や社会的な組織において重要な役割を果たしています。

修理依頼手順


ハチの駆除依頼受付
copyright©2019 ハチ駆除業者 all right reserved.