害虫・害獣の駆除

被害状況

こんにちは、修理隊です。掲載承諾有難う御座いました。駆除施工した報告を掲載させて頂きます。

【依頼日】 令和2年5月28日
【依頼場所】 明石市小久保
【依頼内容】 家にネズミが住み着いていて夜になるとねずみの足音が気になる
【作業前の様子】 親ねずみが子を産んでしまって子ネズミが宅内で暴れていることが確認された

駆除作業

当社では、蜂の駆除以外にも害虫や害獣の駆除も関西地区で駆除対応をしております。
駆除した実績のご紹介となりますが明石市小久保の住宅街にある一般家庭で起きた親ネズミが出産をして子ネズミが宅内で夜中に走り回る被害についてです。
土曜日の午前中にお客様から当社ホームページをみて電話で相談を受けてほしいとのご要望でお話を聞くことになりました。
お話によりますと家の中にネズミがたくさんいるらしく真夜中などに天井や床下で走るり回る足音やダニが異常に多くいて健康的にダメージがあるので何とかしてほしいということでした。
状況から考えたところ、ドブネズミが宅内に住み着いている状態だと判断しをして現場にお伺いをさせていただき調査をしたところ子ネズミが10匹以上いろことが判明をして、お客様に料金のご説明をした上で契約して頂き施工させていただくことになりました。
害獣や害虫の人的被害は、できれば早く対策をしておいた方がいいのでネズミを駆除する前に殺菌消毒を行うことになりました。ねずみが宅内に住み着いている通り道をすべて塞ぎ、その防除作業が終わってからネズミ捕りシートをまんべんなく敷き詰め通り道である箇所に設置しました。
ドブネズミの習性を考えて人がいる気配があれば動かないことが考えられるので施工が終わった後に後日訪問させていただくことをお伝えし引き上げさせていただきました。お客様も出来る限り外出してほしいということをお伝えをていたので出かけられたということでした。
翌日訪問をさせていただくとネズミ捕りシートに子ネズミがたくさんに捕まっていました。親ネズミも捕まっていたので、これで全部だとは言えませんので捕まえたネズミを撤去させていただき、新しいネズミ捕りシートをまんべんなく引き締めることになりました。
それと合わせて監視カメラを設置することにしたのですが、完全駆除をしないと、また増えてしまうからであります。
そして、ネズミ捕りシートをいたるところに設置をして、2日後に再訪問をさせていただく予定を組みお客様にお伝えをして作業が終えました。

これを繰り返すことによって家に住み着いてるネズミを駆除することができます。
ドブネズミがいなくなったことを確認することができて今回の駆除作業は完了しました。

証拠写真18
ねずみの駆除方法
ねずみの駆除方法はいくつかあります。以下に一般的な方法をいくつか紹介しますが、ねずみの駆除は専門家に相談することをおすすめします。

1:罠を使用する
ラットトラップやマウストラップを使用してねずみを捕まえる方法です。罠には食べ物やおとりを使ってねずみを引き寄せ、捕獲することができます。捕獲後は、ねずみを適切に処理する必要があります。
2:毒餌を使用する
毒餌はねずみが摂取すると毒が効いてねずみが死亡するものです。ただし、毒餌を使用する場合は注意が必要で、ペットや子供が触れない場所に設置し、使用法や安全性についての指示に従う必要があります。
3:防除対策を行う
駆除だけでなく、ねずみが侵入できないような防除対策を行うことも重要です。これには、ねずみの侵入経路を封鎖することや、食べ物やごみをきちんと管理することが含まれます。また、ねずみが好む環境を避けるために、掃除や片付けを定期的に行うことも有効です。
4:専門業者に相談する
ねずみの駆除は専門の業者に依頼することもおすすめです。専門業者は経験と知識を持っており、適切な方法でねずみを駆除することができます。

ただし、ねずみの駆除には安全面や法律に関する規制が存在する場合もあります。地域の法律や規制を確認し、必要な手続きや許可を取得することも重要です。

修理依頼手順


ハチの駆除依頼受付
copyright©2019 ハチ駆除業者 all right reserved.